静岡市議会 安竹のぶお「市民に身近な政策を!」
トップページへ戻る http://yasutake-nobuo.jp/
プロフィール 政策 サポーターの声 リンク お問い合わせ
 TOP > 政策 > 第二東名静岡インター周辺整備
お問い合わせ


政令都市のまちづくり 全国一の地方都市になるために!
第二東名静岡インター周辺整備
「北の玄関口」のまちづくり
「第二東名・下インターチェンジ」は平成21年の供用開始を期待されており、その時まさしく静岡市の北の玄関口として開口されることになります。

私は第二東名の静岡インターが下地区に確定した時点で、機を逸してはいけないと、市議会で一般質問をいたしました。
質問内容の骨子は次のようなものです。

〜『現東名のインター付近には物流の拠点としての企業の倉庫やモーテルが立ち並び、せっかくの静岡市の玄関口が環境の悪いイメージとなってしまっている。この現象は静岡だけでなく全国的に高速道路のインター付近でみられる光景である。
第二東名に関してはインター付近の乱開発を未然に防ぐ行政施策が求められているが、当局はどのように考えているのか?』〜
第二東名静岡インター完成予想図
第二東名静岡インター完成予想図
|▲大きな写真で見る|
第二東名静岡インターは県道井川湖御幸線に直結するので、県道沿線の地域住民生活の中に車の流れが突入することになります。下地区を中心とする賎機地域から南方・静岡駅方面と、北方・梅が島方面に流れる車の数は急増するでしょう。安倍川には第二東名併設橋が完成するので、美和・安倍口地域にも大きな変化が想像されます。

第二東名は最も高速で走れる道路ですから、トラック(=物流)、マイカー(=観光)など地域経済に好景気をもたらすであろう車両が行き交う様子が想像出来ます。
ひいては、県道・井川湖御幸線沿線と梅が島昭和線沿線に於ける「新しいまちづくり」の構築について早急に取り組むべきであり、「まちづくり研究会」といったものを立ち上げるべきです。

私、安竹のぶおは
『北の玄関・美しい町、やさしい町づくり』をスローガンに、

(1)人が定住する「自然と調和した美しいまちづくり」
(2)生産意欲の湧く「地産地消のまちづくり」
(3)南へ北へと「観光案内できるまちづくり」

以上3項目を重点項目として、積極的に「新しいまちづくり」の構築について語り合ってゆきたいと考えております。

このページのトップへ戻る

安竹のぶお後援会事務所